おすすめ記事 2022.12.31

2022年を振り返り

2022年も終わろうとしています。

今年一年の仕事を振り返ってみる事に

年明け早々から取りかかった古民家改修のh-house.

H-house

井桁に組まれた梁を表す茶の間はもっともパブリックに使う部屋。屋根なり天井は杉板を張りトップライトを設け、一年を通じて使えるよう採光と断熱を改修。

奥和室は寝室として居心地良い空間に断熱及び床暖房改修

そして隣接して庭を眺めながら入浴できる浴室を新設。

外部は基本的には大きく改修しないが塀を撤去する事で窓があらわになったので、雨戸を利用し格子戸を設置した事でプライバシー確保され意匠性が増した

 

平行して現場が進んだのが、いわゆる和室二間続きとダイニングが繋がる一般的構成の民家をリフォームしたYo-house。

Yo-house

 

 Befor

 After

格子状の棚は構造要素となっている。

 

上半期はリフォーム物件が続き、海を眺める高台に建つセカンドハウスの外観デザインを再構築したU邸-2ndHouse。

U邸-2nd house

外壁材はウッドロングエコに漬した魚沼杉。

ウッドデッキは広く造り潮風を受けながらの食事は気持ちいいはず。

 

倉庫を金属雑貨メーカーの商品開発室にリノベーションした部件、T社 Factory棟。

T社 Factory棟

天井高が高く広い空間を9段6つのフロアで構成するスキップフロアーで空間を分節しながらまとまりのある空間に。

 Befor

 After

 

下半期は新築住宅物件の竣工ラッシュ

 

Kob-house

Kob-house

は遠くに見える五頭山麓の四季を感じられる家に

エントランスポーチの下屋屋根に地元安田瓦を載せ

村秀鬼瓦工房作の鬼を載せる。

 

Mit-houseは

吹き抜け空間と土間空間が個性。

HPアップはもう少々お待ちを。

 

そして年の瀬も迫る霜月に引渡されたTsu-house

こちらは地元袋津の分譲開発地に建つ物件で、歴史有るまちと新たな建物が建ち並ぶ分譲地の景観を意識した外観に。玄関下屋は安田瓦で葺き、袋津と言う地名と福が来ると言う意味合いからフクロウの鬼瓦を村秀鬼師から制作いただき

その敷地が袋津でも有名な金魚池跡地でその記憶を残すという意味から金魚の鬼瓦も載せた

 

その他師走に引き渡した新築住宅やリフォームした店舗物件等など有りましたが、それは写真撮れ次第紹介します。

 

こんな感じで忙しない一年でしたが、年明けから新たなリフォーム物件の現場も始まります。引き続き頂いたご縁を大切に丁寧な仕事を心掛け、新たな年を迎えたいと思います。

良いお年を。

 

伊藤純一