HOME
番付表 マップ 掲示板
逸品亭 竜宮郷

所在地:新潟市弁天1(新潟駅前)  業種:居酒屋  開業年: 

 しかしどういった発想でこのようなネーミングをしたんだろ。「竜宮じょう行こう、竜宮じょう!」と私はどうしても「竜宮城」って言ってしまう。とにかくインパクトありすぎな店名、看板なのです。駅前の飲み屋街の小路の中。ならびには「おでんやじゅんちゃん」や「志な乃」などサラリーマン御用達の飲み屋がかたまっている。勿論ここもそうなんだけれど、「おでんや」や「やきとりや」といった専門色が強くないぶん新潟らしさを打ち出せている店。メニューはとりわけて個性的だとは言えないが、刺身や焼き魚など海鮮類は安くて旨い。海の幸には自信有り!ってな感じ。内装は海の家っぽく葦のすだれが壁面に、そしてBGMは大漁節(最近は居酒屋でもあまり聞かなくなった)などの民謡系。ネーミングがネーミングだからな〜。その他地物の旬な食材や、地酒は麒麟山、久保田、八海山をセレクトしているあたりが、うるさ型の地元飲べいや来県者の心をくすぐらせる。地元の事、酒飲みの事を良く知っていて、まさしく「しょっぺ店」。
 駅前あたりって家賃が高いせいか、ナショナルチェーンの居酒屋や若者・女性向けの今時系ダイニングが多い。だから駅前に宿泊している来県者に、新潟らしい安くて旨い食べ物やさんを紹介しようと思ってもなかなか思いつかない。新潟じゃなくてもありそうな店ばかりで、結局のところのっぺとわっぱめしで有名な名店を紹介してしまう。しかしこの店を知ってからは、駅前で新潟らしい物を安く飲み食いできる所をおしえて、とリクエストされたら迷わず「竜宮郷」を紹介するだろう。
 ところで新潟らしさといえば、新潟のあたりまえの店は旬以外には枝豆を出さない。旬の地物の枝豆の旨さを皆知っていて、だから旬以外は地物じゃなくあまり美味しくない事を良く知っている。この前ここで食べた空豆も旬が一番。メニューに空豆が出始めると、待ちに待った枝豆の時期が近い事を感じさせるのです。
 そうそう、それからこの店のあたりって不況のせいか閉めている店があったり空き地になっている場所があったりする。この前の夜はそんな空き地で石けり(みたいな飛び跳ねて進む遊び)をしている小学生の女の子と男の子(たぶん姉弟)がいた。近所に住んでいるのか、それとも親がお店をやってるのか知り得ないが、なんかこの子達が大人になった時には個性的な人間になるんだろうなって思える。だいたい今時石けりを楽しむ子供なんかそうそういない。ここはそんなイェンタウン(映画スワロウテイル内の架空の町)みたいな、新潟駅前の一画なのです。
 平成26年3月31日惜しまれつつも閉店