迷路のまち 袋津を歩く

北越の小京都加茂の町屋住人募集中

究極の注文住宅イエヒト

  • 2016.8.23 update

  • 2016.1.6 update

  • 2016.8.23 update

 
atelier shot 2016/8/15
 
半年間のFBダイジェスト転載をお楽しみください。^^;(いと)
2016/03/14
先週は色んな事が満載な週でした。 月曜日に大阪で会議が有り、前乗りで大阪入。最近飲食店が急速に増えた福島駅界隈に。隣県の福島でなく、大阪の福島^ ^ 元々路地の多い住宅街だったところに15年前にバーができ、10年程前にイタリアンができたところから徐々にお店ができ自然発生的に街が息吹いてきたそうです。 昔ながらの路地をそのまま生かし、建物も昔ながらの木造建築を生かしているので、最近できた飲食街って感じないところがいいですね。 おすすめエリアです!
このイタリアンのお店ができてきた頃から人が集まり出したとか。 ガード下には卓球場が、昔ならビリアード場だったでしょうね^ ^ 工事用仮囲いもストリートアートっぽく。あちこちに行列が出来ているお店もあり、県外のたい焼き屋さんまで出店^_^;

月曜日の会議は歴史的建造物の保全活用を推進する事に関しての物。 現行法では歴史的建造物の保全がなかなか厳しい状況ですが、条例によりその辺をクリア推進しようという会議。 これから少しずつ古い建物も残しやすくなるでしょうかね^ ^

火曜日は山下達郎のコンサート。相変わらず長時間で^ ^今年は今迄で最長3時間半のライブ! シュガーベーブ時代の曲、大瀧詠一氏を追悼した曲などなど、あっという間の3時間半でしたね^ ^

水曜日は日帰り東京出張。現場監理や打合せ、プランや見積り精査など通常業務ももちろんやりながら忙しなく動き回った一週間でした。 最後の週末、新潟市では酒の陣でしたが、長岡で建築家協会主催の学生卒業設計コンクールの運営お手伝い。 週末はプレゼンや現場打合せが有りまるまる居れた訳では無いので作品を熟読した訳ではなかったですが、中でもひと際興味惹かれたのが写真の作品。 死刑囚の為の独房の設計。短い文章では説明が難しいし、テーマの捉え方に誤解を生じそうですが、設計した学生は真摯に生と死に向かい合い考えていた。 三賞にはなれなかったけどあれだけ審査員が意見を交わした作品もなかっのでは。「蛹(さなぎ)の死ぬ街」っていうタイトルも詩的で、 建築家というよりは映画製作したらって感じ^_^; 最新、近々未来の建築の中にはかつての映画映像内で見た様な物も有るので映画映像が建築に影響を与えていないとは言えない。 全国大会へコマを進める事はできなかったですが、審査員特別賞を獲得。彼の今後も興味深いね^ ^

16/03/25
古町花街にある旧置屋「川辰仲」で能解説と謡実演、琵琶の演奏。 ただ公開するだけでなく、活用する事が大切ですね^ ^ 耳なし芳一、圧巻です!
http://blog.livedoor.jp/sava_avas/archives/8111692.html
16/03/27
NPO法人掘割再生まちづくり新潟の「堀割シンポジウム」。会活動報告の後、東京スリバチ学会皆川典久さんの基調講演に続き、 新潟のまち歩き達人野内さんと国土交通省新潟国道事務所所属のドボジョ今さんを交えての鼎談。あっというまの3時間でした^ ^ 地形注視のまち歩きはかつてはコアでディープなマイナーものだったかもしれませんが、今や人気の的ですね^ ^。 コアでディープさは変わってないのでしょうけれど、 案内人の着目点に対しての「愛」や案内するシナリオ(野内さんいい事言います^ ^)が人を惹きつけるのでしょう! 夏の袋津〜大江山砂丘〜沢海のまち歩きイベントにおおいに参考になりました^ ^!
16/03/29
日々日の出が早くなって来ましたね^ ^ この子達が早起きなので、うちは早起きなのですが、これからは益々早起きになります。 我が家、カーテンが無く、有っても障子。 朝日と共に始まる朝の季節になって来ました^ ^
16/04/06
今回の役瓦はカピバラの阿吽。画家でもある施主さんのイメージスケッチから鬼瓦師が忠実に成型。 狛犬の阿?、シーサーの阿?とはまた一味違いユニークな鬼瓦。魔除けというよりはこの家のシンボルですね^ ^ 近くに安田瓦の産地が有るメリットです!
16/04/09
我が家は西側にも大きな開口部があるのですが、西日に照らされた樹木のシルエットが丁度良く障子に映りました。 木に葉が生い茂る夏より今位の方が美しいかな。 西側の窓も良いものです^ ^週末のこの時間に自宅に居るのも稀ですが、これから町内会会合ですので^_^;
16/04/10
アナタニツナガル展最終日、すべり込みで見てきました。
最終日に内容を伝えるのは、行ってみたいと思う人には酷な話しですが・・・^^;
作品鑑賞備忘録ということでご容赦。
以下長文にてご興味あったらお時間ある時にでも^^。
折元立身の「パン人間」は自分の中では理解不能なところが残りつつも、パンはキリスト教で身体(肉)を表し、外見的個性を表す顔をパンにすること、その姿で鳥やウサギといった動物と絡んでパフォーマンスをすることで、人間も他の生き物と同じ動物だという事を言いたかったのか。アルツハイマーを患う母を看、共に生きる姿を表す作品は、生命そのもの、繋がる生命愛を表現したかったのか。母を看護する動画も作品として有ったけれど、まだまだ未熟な私は注視できなかった。その作品の前で涙していた観覧者がいて、それだけ人の心に入り込む作品だった事は事実です。アートは「生活を豊にするスパイス」と思ってますが、折元の作品はかなり濃厚な刺激の強いスパイスでしたね。
岩井茂昭の作品を観るのに一番時間を費やしました。空き家を数人で取材しその空間から感じる事を言葉に発し、その場の映像と共に会場に作られた再現空間(厳密には映像イメージを増幅させるための疑似空間)で上映。空き家となった空間の今は無き住人を想像し、又所有者からの思い出も語られる。多分この先この空間は継承されず消え去るのだろうけれど・・・・残念という思いとその空間の最後に与え与えられた思いが空間の供養になったのかな、とも感じました。もう一つ見入った岩井の作品は映像作品で、インドネシア他アジアで家族を取材し撮った、言うならドキュメンタリー映像。そこには日常、それも家族をとらえた日常が淡々と綴られてます。普通に料理をし食事をし昼寝をし子供の面倒を見る。イスラム教圏なのであたりまえの日常として礼拝の姿もある。どこの国もいつの時代も変わらない日常。変わらない日常は互い同じなのだから理解もできるはず、諍い争いは起こらないはず、なのだろうけど・・・。
田中仁、角地智史、神林美樹は新潟在住者として作品展示。障害者という切り口での作品ですが、誤解を恐れず言うなら、障害者、障害も一つの個性でそれは紛れもない事実という事。かつて新潟在住外国人が新潟を撮った写真展を見た時本人に、外国人だから見る人も興味を持っている、と言ったら(新潟の風物風景も見え方が違っているだろうからと言う意味で、ネイティブとは違う人、という意味で言ったつもりでしが)、外国人日本人関係ないだろう俺の視線だ、と言い返されました。もっともなのですがね、新潟、日本で生まれ育った人とはあきらかに違う個性は事実、その個性からの視点に新しい発見、感動が生まれるのも事実と思うのですが。同じ事が田中や神林にも言え、角地という視点が重要とも言えます。
すべての作品を見て展覧会のタイトル「アナタニツナガル」とはまさに的を得た良いネーミングだなと感じました。 建築も、最近はツナガリを無視見捨てた行為も多々あります。話題の新国立はどうでしょう。隈さんに設計が変わり(個人的には、新たに競技場を作るならザハの当初案を湾岸あたりに作って欲しかった)伝統というエッセンスを取り入れているようですが、本来ツナガリを重視するなら元々の競技場を上手く活用した計画であって欲しかった。
とにかく今の日本の建築、特に住宅はツナガルを無視した物が多い。両親、おじいちゃんおばあちゃんの家を使い続けよ、とは言いきれないけれど(良い物は使い続けて欲しいですが^^;)新しく作る物にツナガリが感じられない。ツナガルという事は今繋がっているという事だけではなく、将来ツナガリを持っているかということも重要で、つまり時間を経たときにツナガリを感じたり繋げようと思ったりする物であり得るかということ。建築はツナガル事で社会に記憶や歴史を作り、ツナガリのある物を感じることで豊かさを感じると、私は思っています。
そんなことをいつも考えている私にとって今回の「アナタニツナガル展」、自分にも的を得た良い展覧会でした。
16/04/17
電車で高田の桜を堪能する企画に参加^ ^ 今年の桜は早かったのですでに葉桜になってましたが、車中のおもてなしは満足! 電車でお酒飲みながらゆったりとした旅は良いです^ ^
16/05/02
スマホが調子悪く書きたい事も掛けなかったので、今更のことも有りますが記録ということで^^;

22日(金) 備忘録
全しょ連メンバーの一人がこの春で前職任期全うしこれからはしょっぺ店探訪に力を入れるということで(それだけでは無いですわね^^;)お疲れ様会を、度々このメンバーで楽しませてもらっている、北書店の一角で飲む「北酒場」で。
三線の演奏あり、濃〜いマニアックな話ありの楽しい会でした。
作曲を生業にしている人との会話の中で私が「作詞作曲家の才能もさることながら、アレンジャー(編曲家)の力量が楽曲の良し悪しを決めるにもかかわらずあまりアレンジャーが評価されてないような気がする」って話したら、店主の佐藤さんがサッと持ってきた本がこの「ニッポンの編曲家」。私がタイムリーに気になっていた事が出版されていたって事は、世の中で同じように思っている人が結構いたんだな、って再認識。
実は建築家も、特に監理を重視する建築家もアレンジャーに似ているところがあると感じていて、クライアント、発注者や予算、敷地や物件環境といった条件、職人の手技や最新技術を理解し活かしたところからのものつくりは作詞作曲家というよりはアレンジャー的。読んでみると、アレンジャーさんの思考がはっきりと伝わり、職人的なスタジオミュージシャンやメカニックの人々の事も名前を挙げて記載されていて興味深く読ませてもらいました。
会話の中で生まれたテーマの本がスッと出てくるあたりが書店で飲んでる醍醐味。
ちなみにもう一冊の「太宰と安吾(壇一雄著)」は飲んでいた私の席からちょうど目の前に見える棚に正面を向けて置いて有った(流石の棚作りです北書店は)。私的には作風が全く違うこの二人、建築家でいうなら丹下健三と白井晟一的といった両極の時代の寵児をどう壇一雄が斬ったのか興味深かったので思わずゲット。こういった目的を持ってなかった本との巡り合わせが北酒場の魅力なのでした^^。
24日(金) 備忘録
創業100年の鋳物製造業の「能作」、創業200年の地元鎚起銅器製造業の「玉川堂」、創業300年の今は工芸品のSPA事業を展開する「中川政七商店」、といった老舗工芸企業でありながら新たな挑戦、展開を推進している三社によるトークショーを拝聴。
家業的で伝統といった昔ながらの環境下の中で伸び悩む伝統工芸の世界を替えるには、伝統に甘んじることなく常に新しい視点や行動、作り手と使い手の距離や意識を近づける事が重要といった本質的なことから、都心や海外に展開する意味合いといった将来的なビジョンまで、三者の考えを興味深く聞く事ができました。
アグリツーリズモは一般的に浸透してきた今日、アーツアンドクラフツーリズモが今後注目されてくることは確実です。伝統工芸産業は今の時代斜陽という事が世の中の流れですが、高いポテンシャルを持つ工芸産地にはやりようにより明るい未来が有るな、という印象でした。
29日(金祝)備忘録
祝日なので午前中に映画を見に行こうと準備していたらTVで日本とドイツの大工技世界頂上決戦をやっているじゃあないですか!^^
大工の棟梁でありながら技術だけではなく理論も重視した名匠田中文男氏の弟子でもある梅村哲夫氏が日本代表。ドイツ代表のアクセルさんは全くの職人気質が垣間見られますが、若くて(といっても40代かな)ドイツのマイスターさんらしく、おしゃれさも感じられます。技術では梅村さんの勝ちだろうと思っていたらさにあらず。継ぎ手の強度は9KN程度と予想されていたのを梅村さんは10KNと上回るも、アクセルさんは驚異13KN越え。大栓の繊維方向を変えたり、日本の追っかけ大栓継ぎと似ているけれど繊維を分断させず斜めに切らない継ぎ手にするなど、強度に関しても理にかなっている仕口で望んだ結果でした。
アクセルさんの方に技術だけではなく理論も駆使している田中文男匠ばりの印象が有りました。梅村さんもこれを目の当たりにしたのだから、日本の追っかけ大栓継ぎの仕口が今後変わる予感がしますね。
29日(金祝)備忘録その2
GWはどこにレジャーするも無いのですが、前半はシネウインドで映画「創造と神秘のサグラダファミリア」を見ることくらい。最終日だったけれどすべり込みで見れました(相変わらずで^^;)
サグラダファミリアやガウディ物は色々と見てますが、近年の状況が垣間見られ興味深かったです。作業監督のコメントに「自分が関わっているうちに完成を見ることができるかも」とありましたが、予算や作業員の投入数を考えるとそれも可能かもしれないと感じました。完成までにはあと100年以上かかると言われてたのですけれどね。
今の時代だから工期短縮は可能だと思うけれど、ガウディが作る作品はそういった効率といった事とは無縁なように思えるのですがね^^;。別に時間を掛ければいいと言うわけではないのですが・・・。
現在の建築統括者のコメントの中に「この建築は今としたら時代遅れ、テーマパーク的という人もいるが」とありましたが、だからこそ効率ではなく時間を掛けて行くべきなのではないかと。だって時代遅れとか今の時代にはとか、作っている時代を意識すること自体が不要かと思うの...
16/05/04
猫だすけ展(だ〜すけは新潟の方言でもあり、助けと掛けているそうで^ ^)を見に菅谷のギャリーショップ草舟さんへ。
猫好きにはたまりません^ ^
この連休と来週末再来週末オープンしているそうですよ!
16/05/05
友人の娘、FBで繋がってるから身近に感じでてたけど、会うのは彼女が中学生だった時ぶりなんだよね^ ^ 街で偶然娘にあった様な嬉しい気分です^ ^
16/05/08
亀田郷の歴史や魅力を学ぶ「亀田義塾」H28年度、が開校しました。初回の今日は昨年度まで亀田駅長を務めていて現在は新潟県の観光協会次長の、佐藤さんによる「亀田鉄道物語」。楽しみです^ ^
塾長の三村先生もお元気な姿を見ることができ良かったてす^ ^
16/05/09
五年ぶりに新潟絵屋でWAKKUNの個展が開催。 神戸の作家さんなので新潟では知る人ぞ知る的な作家さんと思いますが、ガッツくんTシャツは全国的に有名で、近年は新潟水俣病をテーマした絵本も作り小中学校の図書館にも置いています。
合うたび色んなお話しするのですが今回特に興味深かったのは「ミジンコ」の話し。
ミジンコってほ乳類のように親と同じ形状で卵からふ化するそうで、ああいった微生物はだいたいふ化してから成虫(虫では無いかな^^;)になるまで体が変化していくのが普通で、同形状で成長していくのが珍しいとのこと。それもトリビアだったのですが、さらにジャズサックスプレーヤーの坂田明が実はミジンコ研究を長年にわたり続けていて、ミジンコの事でWAKKUNと意気投合して、二人でミジンコ展をやった
ことが有ると聞いて、またまたトリビア^^。...
16/05/22
池田早季恵「陶と苔展」始まりました。 池田さんと盆栽作家の角谷さんも本日在廊しています。 私も絵屋番にて、お待ちしています^ ^
16/05/30
昨年の師走上棟し、竣工引越しがひと段落した弥彦のアトリエ住宅(上棟時の書込みでも誤解招いた様ですが、私のアトリエでは無いですよ〜^^;)で昨晩は食事にお招き頂き、朝を迎えました^ ^
裏山の緑が瑞々しく、弥彦山も絶景です。
竣工写真撮影はもう少し落ち着いてから^^;今しばらくお待ち下さいm(_ _)m
16/05/30
私も参加しました。結構疲れましたね^^; 袋津も良いけれど、お隣の大江山地区も良さを再認識。 袋津同様この地形このまち並が末永く続きますように・・・。(写真はリンク元よりの転載)
16/06/08
今週末前橋および高崎で行われる、JIA日本建築家協会関東甲信越支部大会における「地域に根ざす建築作品・活動 カタログ2016」の活動部門で、新潟まち遺産の会が大会特別賞をいただけることになりました!
http://www.jia-kanto.org/shibu-taikai/2016/catalog/index.html
当会JIA会員は私だけですが、代表はじめ世話人皆喜んでいます!^^
16/06/10
まだまだ絶賛発売中です! 私の設計が表紙を飾らせて頂いた新しい住宅誌^ ^ 書店で覗いてみて下さい^ ^
16/06/26
玉川堂さんに特別オーダーしてたお銚子が納品されました^ ^
元々は、楕円形で持ち手の指型を凹ませる片口をイメージし絵を描いてリクエストしたところから始まった作り手とのものづくり。 やり取りの中から進化した逸品となりました!
鶴の首の様な注ぎ口ができ、常温用の持ち手凹みに加えて、冷酒用に使える弦巻の持ち手がバランスよく付け加わりました^ ^
担当の蓑輪くんには色々と注文しうるさがられたかもしれませんが、使い手、用途があるという事でご理解を^^;...
16/07/13
先週末、無事総会及び講演会終了しました。
今年度総会は当会が保存運動に関わり保存がかなった旧會津八一記念館(新たにNSG美術館として昨日オープンしました)で。NSG美術館の小林館長代理からご挨拶いただき、当会大倉代表による「新潟まち遺産の会のこれまでとこれから」というタイトルで講演、引き続き当会世話人の長谷川さんから...「熊本地震被災の現状と建物被災後の対応を考える」というタイトルで講演を行い、その後展示も完了しオープンを待つばかりの美術館内をご案内いただきました。
今年度は当会も活動13年目を迎えます。先月JIA日本建築家協会関東甲信越支部から「地域に根ざした活動」部門で当会に対して支部大会最高賞の大会特別賞をいただきさい先の良い年度初めでした。世話人皆活動に評価いただいたことに大変喜んでおります。
益々がんばらねば!と心に誓う年度初め、今後とも当会の活動にご理解いただきご支援いただければ幸いです!
16/07/14
袋津祭り始まりました^ ^
今年はBSN放送の生中継で灯篭押合いを紹介してもらいました!
今晩は我が池の山四番組も参戦!
迷路の町袋津の灯篭押し合い、お待ちしてます!
16/07/16
案内を務めさせてもらったので写真撮る余裕無く、この報告をシェアさせて頂き報告に変えさせて頂きますm(_ _)m(二日間の詳細報告も後ほど) 袋津祭りの2日間のあと、まち歩き2日間、心地よい疲労が残る海の日でございます^ ^
(写真はリンク元よりの転載)
16/07/23
今日だからこのネタはありですよね^ ^ 老若男女が一緒の宴席、ここにもいるよって見せてもらったポケモン^ ^ どんなところにもいるのね^^;
16/07/24
カーブドッチワイナリーでのチーズ講座!
ブリもエポワスもフルムダンベールもしっとり濃厚で美味すぎでした^ ^
カマンベールの本物、カマンベール・ド・ノルマンディは、今まであまり興味持たなかったカマンベールのイメージを変えてくれる逸品!
次回も楽しみ楽しみ^ ^
16/08/01
袋津の隣集落「砂山」がこれからブレークしそうです^ ^
タモリさん達が歩いた脇農地家屋敷は幼馴染の家、これから多くのブラ詣で人で賑うだろうから農作業もままならんかな^^;